国土交通大臣認定倍率=4.5
木造住宅の耐震化=「強さ+揺れ止め+高耐久」
軸組構法、伝統的構法、軽量鉄骨造に最適
震度7でも十分な生活空間の確保
 
木造建造物
震度7
でも倒さない!  余震が来ても安心!
ITSセーフティウォール(SW)複合鋼板壁
ITSセーフティウォール(SW)複合鋼板壁は多くの使用実績あり
有限会社 新技研(←お問い合わせはこちら)
便利さに優先する
質実剛健な家 倒れない家
当たり前の家  帰りたくなる家
いつまでも安心して住める家
いつまでも価値の下がらない家
こんな家がほしい……こんな家の選び方、こんな家の薦め方

こんな家の薦め方:住宅供給を御担当の方へ

住宅を購入する方に耐震性能別(価格別)の見積書をご提示してください。
必ずや耐震性能の高い住宅を選択されることでしょう。
耐震性能として対象とする地動加速度は500gal~1000galを推奨しています。

こんな家の選び方:住宅購入を御検討の方へ

住宅の供給者《設計者、ハウスメーカー》に「この規模の地震で倒壊しない建物が欲しい。」とお伝えください。
揺れの強さと費用との関係を明確に説明できる供給者をお選びください。
地盤の揺れとして「500ガル~1000ガル」を推奨します。

有限会社 新技研(←お問い合わせはこちら)
国土交通大臣認定倍率=4.5
ITSセーフティウォール(SW)複合鋼板壁は多くの使用実績あり