技術資料 技術資料のページに戻る
NO.13 2P復元力計測例
ITSセーフティウォール(SW)複合鋼板壁

2P:水平方向の長さ寸法が1820mmの試験体です




「荷重-変形」曲線:計測値例 最大変形=200mm
 


グラフがループしていないのがわかります
 左図のようなループの膨らみが囲む面積は、揺れを止める性質を表しています。
右図のような膨らみの無いグラフを描くような(通常使われている)材は、
揺れを止める性質が少ないことを示します。
グラフのループが囲む面積が大きい程、揺れを止める性能が高いことになります。