技術資料 技術資料のページに戻る
NO.8-1
壁型:粘弾性体ダンパーの
「荷重―変形」曲線の一例
壁型:粘弾性体ダンパーの
動的加力試験
(ビデオ WMV形式
約6,15MB)


 使用する粘弾性体(VM)の特性が御理解頂けると思います。曲線が示すループ内の面積が揺れを小さくする要素です。この特性は「-20℃~80℃」の範囲で確かめられています。
 グラフが示す曲線ではVMの厚は2.5mmですが、厚さの選択は可能です。
「荷重-変形」曲線:計測値例 最大変形=100mm(標準軸組)
住宅に使用すれば揺れの少ない、耐震性能の高い建物となります。