技術資料 技術資料のページに戻る
NO.1
ITSセーフティウォール(SW)複合鋼板壁の
復元力計測状況

:鋼板の皺に御注目下さい。
№13 2P復元力計測例(ITSセーフティウォール(SW)複合鋼板壁) 参照
性能試験実施状況
加力無の状態:皺なし 試験中期 試験終局:鋼板の座屈
(※試験終局状況については破壊試験のため震度7の地震時においてもこのような「しわ」は表れません。)

 抵抗力:張力場(せん断座屈)となっても鋼板は十分な抵抗力を持っています。
 張力場は座屈波の連続ですから、波形に沿って粘弾性体は変形し減衰が生じます。
 せん断座屈波は極めて僅かな変形(1/3000rad)で生じるので、微小変形でも減衰効果が得られます。
 交通振動等に対しても有効です。
「強さ」は鋼板が、「揺れ止め」は粘弾性体が、複合して耐震性能を発揮します。